[Book]PMO導入フレームワーク プロジェクトを成功に導く 人・組織・プロセス・ツール

要約

プロジェクトを成功に導く司令塔、プロジェクトマネジメントオフィス(PMO)には何が必要か。 PMOの必須知識を、人、組織、プロセス、ツールの4つに分けて解説しています。 組織については、「参謀型」「管理実行型」「事務局型」に分類。 人材については、コンサルタント、コントローラー、アドミニストレーターなどのスキルについて解説。 プロセスについては、プロジェクトをコントロールする24の事例を紹介。 ツールについては、選定基準とその例が示されています。 必要な人材とスキルを確保し、最適な組織を定め、状況に応じて機敏に対処する、新しいPMO像を提供します。
内容(「BOOK」データベースより)
プロジェクトマネジャーの補佐だけでなくときには率先して事に当たるプロジェクトマネジメントオフィスの必須知識。

Amazonより

目次

第1章 PMOの現状と課題
第2章 PMOの組織と役割
第3章 PMOの人材とスキル
第4章 PMOの実行とコントロール
第5章 PMO効率化のためのツール
第6章 PMOのレッスンズ・ラーンド


感想

大規模プロジェクトになればなるほど、現場の管理業務・ドキュメントの標準化やリスクマネジメントの観点から、PMOの配置か推奨される。

自身も、数億規模のプロジェクトを担当しており、関連会社だけでも約6社・自社内も3つのチームに分かれている。
チームのリーダーも異なる粒度・自分が解釈したようにしかPMレベルに報告しないため、「本当にスケジュールにコミットできるのか」、「潜在的なリスクは存在しないのか」
の妥当性を検証できない。
そのプロセスを標準化することにより、スケジュールの妥当性を明らかにし、潜在的なリスクに対して事前に策をうつPMOのバリューは計り知れない。

そんな、大規模プロジェクトにおけるPMOの重要性を感じる今日この頃です。

[Book]図解プロジェクトマネジメント

要約

すべてのビジネスパーソンに、いまプロジェクト実践力が求められている。戦略コンサルタントが書いた実践的プロジェクトマネジメント手引きの決定版。

Amazonより

目次

第1章 プロジェクトマネジメントの基礎
第2章 プロジェクトマネジメントの実践
第3章 組織的なプロジェクトマネジメントの実践
第4章 企業変革プログラムマネジメントへの発展

プロジェクトマネジメントの全体像

WEB上でも公開しています。プロジェクトマネジメントの全体像

感想

体系的にプロジェクトマネジメントを学ぶための良書。初級者向けの本であるが工程別にすっきり書かれているので早急にINPUTする必要がある場合は是非。

[Android]ライブラリープロジェクトを作成して、外部プロジェクトから参照する方法

ライブラリープロジェクトを作成するわけ

アプリケーションを複数作成すると、この処理って以前のプロジェクトでも書いたよな、ということがよくあります。アプリケーション開発では業務(アプリケーションの内容)にとらわれない共通の処理が存在するので、そこを切り出してライブラリープロジェクトとして管理・メンテナンスしていったほうが効率がよいのだと思います。

ライブラリープロジェクトを作成する

ライブラリープロジェクトの属性を持たせるためには特にプロジェクトの作成の方法を気をつける必要はありません。ただ、プロジェクトのプロパティーに以下を追加してください。
プロジェクト直下のproject.propertiesに以下の一行を追加

android.library=true

ライブラリープロジェクトを参照する

ライブラリープロジェクトをライブラリープロジェクトとは別のプロジェクトから参照する方法です。
①プロジェクトを右クリック>ビルドパス>プロジェクトタブを選択し、ビルド・パス上に必要なプロジェクトとして選択します
※ライブラリープロジェクトのコードだけを参照する場合は①のみの設定でOKなはず。リソースファイルも参照したい場合はさらに②の手順を行います。
②プロジェクト直下のproject.propertiesに以下の一行を追加
android.library.reference.1=${フレームワークへのパス}

[iPhone]プロジェクトを作成してみる

プロジェクトの作成

まず、プロジェクトのテンプレートから作成したアプリケーションにマッチするテンプレートを選択します。(ここではSingle View Applicationを選択します。)

テンプレート
名称 説明
Master-Detail Application 上にナビゲーションバー、左にリスト、右にビューが配置されている画面。Navigation- based ApplicationとSplit View-based Applicationが一つにになったもので、階層構造を持つようなアプリケーションを作成する場合に選択します。
OpenGL Games 一つの画面にOpenGLを使う場合に使用します。ゲームのアプリケーションを作成する場合に選択します。
Page-Based Application ページをめくるようなアプリケーションを作成する場合に選択します。
Single View Application 一つの画面だけを持つアプリケーションを作成する場合に選択します。
Tabbed Application タブとそれに対応する画面を持つアプリケーションを作成する場合に選択します。
Utility Application メインの画面と設定画面を持つだけのアプリケーションを作成する場合に選択します。
Empty Application 空のアプリケーションレイアウトです。上記テンプレートに当てはまらないカスタマイズされたアプリケーションを作成する場合に選択します。

つぎにプロジェクト名を設定します。

用語 説明 Product Name デフォルトのアプリケーション名。先頭は英大文字で開始する。 Company Identifier 作成者を特定するための識別子。Appleにアプリケーションとして申請する場合には一意である必要がある。

プロジェクトを作成するフォルダを指定します。

Create local git repository for this project:Git(SVN, CVSと同じバージョン管理システム)リポジトリを作成するかどうかのチェックボックス。

以上でプロジェクトの作成は完了となります。