[Book]爆速経営 新生ヤフーの500日

要約

高収益だがつまらない会社ーー。そんなヤフーを変えた若き経営陣の改革の軌跡。
201X年までに営業利益2倍。その目標に「高速」を超えた「爆速」で挑む。

■5000人の成熟企業が1年で変貌を遂げた
「お前が社長になったら、ヤフーをどうしたい?」。それは、あまりにも唐突な打診だった。
2012年1月、当時執行役員だった宮坂学はソフトバンク社長の孫正義に呼ばれ、ヤフー社長就任の打診を
受ける。

「今のヤフーは守りに入り過ぎている。若い世代で再び攻めの姿勢を取り戻してほしい」
孫が当時の社長、井上雅博と話し合った末の提案だった。
逡巡した宮坂だったが、最終的には要請を受け入れる。
そして、すぐに改革の仲間集めに走り出した――。

それから1年。新体制として初めて迎えた2013年3月期決算は、6年ぶりの2ケタ増益を記録。サービス開始以来
続く増収増益記録を16に伸ばした。時価総額は約3兆円(10月9日時点)と、宮坂のCEO就任時に比べて約2倍に増加。
ポータルサイト「Yahoo! JAPAN」の月間総ページビュー(PV)は536億と、国内トップを快走している。
今年10月には、ショッピング事業で出血覚悟の「無料化」施策をぶち上げ、楽天やアマゾンが先行する電子商取引(EC)
市場に殴りこみをかけた。
スピードを超える「爆速」を掲げて突っ走る平均年齡41歳(発足時)の新経営陣は、ヤフーに完全に攻めの姿勢を
取り戻したと言っていい。

本書は、日経ビジネスの記者が2012年4月から約1年半にわたって取材を続けてきた、
新生ヤフーの改革を追った記録である。
なぜ宮坂がヤフーの改革を任されるようになったのか。
その理由については、ぜひ本書を読み進めていただきたい。
恐らく、ヤフーが直面した問題は企業組織が規模を拡大させていくうえで常に内在し得る構造問題である。
そして、それにどう向き合い、どう回避しようとしているかという過程を辿っていく作業は、
同様の問題に悩む企業に多くの示唆を与えるだろう。

■組織の指導者に向けた、生きたケーススタディ
本書は組織を活性化したいと考えているリーダーに向けた、生きたケーススタディとも言える。
ある日唐突に、「明日から、社長をやってほしい」と指名を受けたら、あなたならどうするだろうか。
この問いがあまりにも非現実なら、「社長」を「課長」「マネージャー」「リーダー」に置き換えてもいい。
おそらく、宮坂氏が社長指名を受けた状況も、これに近いものだった。

組織を変えるということは、つまるところ、人の向上心をどう引き出すかにある。
熾烈な競争に勝ち抜くためには、綿密な事業戦略や卓抜なサービスはもちろん必要だ。
だが、それらを担い、生み出していくのは社員に他ならない。
であるならば、社員が生き生きと活躍できる環境を用意し、思う存分力を発揮してもらうことが
経営者として一番重要な役割ではないか――。宮坂の言葉は、変革を志向する多くのリーダーに響くはずだ。

■組織を変えるワンフレーズ
本書に登場する、数々の改革のキーワード

「脱皮できない蛇は死ぬ」
「10倍挑戦して、5倍失敗して、2倍成功する」
「大切なのは、誰をバスに乗せるか」
「経営は軍議長くすべからず」
「経営者が自分の判断に迷うのは、目標が明確ではないからだ」
「まず、登るべき山を決める」
「改革とは、組織の中で浮くこと」
「組織は原理原則で動かす」
「見られるからこそ社員は輝く」
「アサインよりもチョイスを増やす」
「イノベーションには会議より会話」

Amazonより

目次

Chapter1 改革前夜 ヤフーが一番つまらない!
Chapter2 電撃指名 53番目の社員に託された運命
Chapter3 改革始動 まず、登る山を決める
Chapter4 前例破壊 異業種タッグが既成概念を壊す
Chapter5 爆速誕生 ”言霊”が組織を動かす
Chapter6 再活性化 見られるからこそ社員は輝く
Chapter7 試行錯誤 「!」を生み続ける組織へ



感想

十数年連続で増収増益を続けながら、大企業化するに従って企業としてのスピード感を失いつつあったYahoo!の経営課題に対して、
刷新された経営陣の試行錯誤を実際の取り組みを交えながら、紹介してくれています。

実際のビジネスに生かせるエッセンスがたくさんつまっています。

「ナンバーワンになるためには、ゲームのルールを変えていかないといけない」

写真

[Book]PMO導入フレームワーク プロジェクトを成功に導く 人・組織・プロセス・ツール

要約

プロジェクトを成功に導く司令塔、プロジェクトマネジメントオフィス(PMO)には何が必要か。 PMOの必須知識を、人、組織、プロセス、ツールの4つに分けて解説しています。 組織については、「参謀型」「管理実行型」「事務局型」に分類。 人材については、コンサルタント、コントローラー、アドミニストレーターなどのスキルについて解説。 プロセスについては、プロジェクトをコントロールする24の事例を紹介。 ツールについては、選定基準とその例が示されています。 必要な人材とスキルを確保し、最適な組織を定め、状況に応じて機敏に対処する、新しいPMO像を提供します。
内容(「BOOK」データベースより)
プロジェクトマネジャーの補佐だけでなくときには率先して事に当たるプロジェクトマネジメントオフィスの必須知識。

Amazonより

目次

第1章 PMOの現状と課題
第2章 PMOの組織と役割
第3章 PMOの人材とスキル
第4章 PMOの実行とコントロール
第5章 PMO効率化のためのツール
第6章 PMOのレッスンズ・ラーンド


感想

大規模プロジェクトになればなるほど、現場の管理業務・ドキュメントの標準化やリスクマネジメントの観点から、PMOの配置か推奨される。

自身も、数億規模のプロジェクトを担当しており、関連会社だけでも約6社・自社内も3つのチームに分かれている。
チームのリーダーも異なる粒度・自分が解釈したようにしかPMレベルに報告しないため、「本当にスケジュールにコミットできるのか」、「潜在的なリスクは存在しないのか」
の妥当性を検証できない。
そのプロセスを標準化することにより、スケジュールの妥当性を明らかにし、潜在的なリスクに対して事前に策をうつPMOのバリューは計り知れない。

そんな、大規模プロジェクトにおけるPMOの重要性を感じる今日この頃です。

[Book]図解プロジェクトマネジメント

要約

すべてのビジネスパーソンに、いまプロジェクト実践力が求められている。戦略コンサルタントが書いた実践的プロジェクトマネジメント手引きの決定版。

Amazonより

目次

第1章 プロジェクトマネジメントの基礎
第2章 プロジェクトマネジメントの実践
第3章 組織的なプロジェクトマネジメントの実践
第4章 企業変革プログラムマネジメントへの発展

プロジェクトマネジメントの全体像

WEB上でも公開しています。プロジェクトマネジメントの全体像

感想

体系的にプロジェクトマネジメントを学ぶための良書。初級者向けの本であるが工程別にすっきり書かれているので早急にINPUTする必要がある場合は是非。