[Heroku]githubからCloud9へソースを取り込みgithubへpush、Herokuへデプロイのサイクル

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`livedoor` not found]
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

前提条件

githubへの登録およびリポジトリの作成、Herokuへの登録およびアプリケーションの作成、Cloud9への登録が前提となります。

Cloud9からgithubのコードをcloneする

Cloud9からgithubを連携させると、github上のプロジェクトが表示された状態となる。(以下の画像参照)この状態で「CLONE TO EDIT」を選択する。

checkoutするか聞かれるので、checkoutを選択。

Cloud9上にgithubのコードがcloneされる。

Cloud9上でコードを編集する

cloneされたプロジェクトの編集を開始する。「START EDITING」を選択する。

Web上のIDEが現れたところで、実際にファイルの編集を行おう。今回はindex.htmlにコメントを追加する。もともとのindex.htmlを開くと、

ここに、「Let’s chat!!」を追加する。

「Ctrl + S」 で保存し、githubへ変更を反映させよう。

githubへ変更をpushする

githubへの反映は、コンソールからgitコマンドをたたいて実行する。まず、「git add」

コンソールを確認。問題なさそう。

次に「git commit」

コンソールを確認。こちらも問題なさそう。

最後に「git push」

コンソールを確認。大丈夫そう。

反映されたことをgithub上から確認してみよう。

コミット時のコメント「index.html edited」が反映されている。問題なさそう。

Herokuへデプロイする

左サイドバーにある「Deploy」を選択し、+アイコンを押すとデプロイ先があがってくる(Herokuを登録してあればだが)

デプロイ先としてHerokuがActiveとなるので、アプリケーションをクリックする。

そして、「DEPLOY」を選択。

デプロイされていることを確認する。

このサイクルをまわすことでアプリケーションをどんどん改善していこう。Cloud9ではデバッグの機能もついているので、クラウド上で開発→テスト→デプロイのサイクルが実行できるようになる世の中になってしまったのですね。

コメントを残す